脳梗塞などを予防して健康人生|食と運動でヘルシー体

サプリメント

3つの種類

脳梗塞は、脳に酸素や栄養が送られなくなり、脳の細胞が障害を持った状態になる病気です。血管に血の塊である血栓が詰まったり、脳の血管が細くなったりした時、このような状態に陥ってしまいます。脳梗塞と一言で言っても、いくつかの種類に分かれます。血管の太さや詰まり方によって分けることができます。また、脳の場所と幹部の範囲によって症状やその重さが変わってきます。脳梗塞は主に3つの種類に分かれます。「ラクナ梗塞」、「アテローム血栓性脳梗塞」、「心原性脳塞栓症」の3つです。

脳梗塞の1つであるラクナ梗塞は、脳の細い血管が詰まったことで起こる脳梗塞です。「小梗塞」と言うこともあります。ラクナ梗塞は日本人に最も多いタイプの脳梗塞だと言われています。高血圧の人に起きやすい傾向にあります。名称に付いている「ラクナ」とは、「小さな窪み」という意味合いになっています。ラクナ梗塞は細い血管が詰まった時に起きる脳梗塞ですが、反対に脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞のことをアテローム血栓性脳梗塞と言います。アテローム血栓性脳梗塞は、高脂血症や高血圧、糖尿病などが主な原因となっています。これらの症状が動脈硬化を発症させ、太い血管に血栓ができ、最終的に血管が詰まってしまうのです。脳梗塞の種類の1つである、心原性脳塞栓症もアテローム血栓性脳梗塞同様、脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞の種類です。心臓でできた血栓が血流によって脳まで運ばれていきます。心房細動が原因だと言われています。