脳梗塞などを予防して健康人生|食と運動でヘルシー体

サプリメント

手術の種類

基本的に、脳梗塞の治療法は時期によって大きく異なります。脳梗塞の治療は、内服治療や点滴治療を使った内科的な治療を行ないます。手術治療はあまり行なわれません。また、脳梗塞の治療にはリハビリテーションを組み合わせることが多いです。薬物治療だけでは改善を図ることができない部分も、リハビリテーションを取り入れるだけで大きく結果が変わってきます。脳梗塞になってしまうと、言葉を上手に発せなくなってしまったり、手足を満足に動かせなくなるといった症状が出てきます。一度このような後遺症を患ってしまうと、治療にかなり長い時間を要するようになります。脳梗塞が発症した場合は、すぐに専門の病院に行き検査を受けましょう。

脳梗塞の治療法は、急性期に行なう急性期治療と、慢性期に行なう慢性期治療に分かれます。急性期治療には、血栓溶解療法や抗凝固療法、抗血小板療法、抗血小板療法などがあります。投与する薬は、療法の種類によって変わってきます。これは慢性期治療も同様です。慢性期治療は急性期治療同様、抗凝固療法や抗血小板療法などを行ないます。慢性期治療には手術療法も行われます。手術療法を行なうのは、主に頸動脈が詰まりかかっている場合になります。手術治療を行ない血管の詰まりを解消させることで、頸動脈の詰まりを解消させます。また、バイパス手術と呼ばれる治療法を行なうこともあります。これは脳の血流を回復させる必要がある場合に行われます。